まとめて検索:  

2012年12月13日

日立製作所 インドで新工場を稼働

日立製作所<6501>は12日、インドのグループ会社 ハイレル・パワー・エレクトロニクスが建設していた社会インフラ関連機器の新工場が稼働したと発表。

新しく建設されたサナンド工場は、グジャラート州アーメダバード行政区の工業団地にあり、産業用電気製品などを生産。投資額は、約9億円。

日立ハイレルは、製油や石油化学、発電、鉄鋼など幅広い分野の非常用電源や電力品質安定化素流^初ンなどを手掛けるハイレル・エレクトロにクス社を昨年10月に日立が子会社化。

既存のガンディナガル工場では、産業用UPS(無停電電源装置)やバッテリー充電装置、鉄道用インバーター装置などの電気製品を生産。2012年10月から再生可能エネルギー分野に対応するため、系統連系型太陽光発電設備用インバーターの生産を開始。

既存のガンディナガル工場に新工場が加わることで、発電、鉄鋼、化学などのプラント向け産業用電機製品のラインナップを強化するという。
ラベル:日立製作所
posted by 株の又次郎 at 05:26| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

NTT、NEC、富士通 400Gbpsの光伝送技術を共同研究

NTT<9432>、NEC<6701>、富士通<6702>の3社は11日、世界最高水準の1チャンネルあたり400Gbps級のデジタルコヒーレント光伝送技術の実用化を目指し、共同研究開発を開始。

この3社は、総務省からの委託研究で、100Gbps級のデジタルコヒーレント光伝送方式の研究開発を行い、2012年には商用化。

従来の光強度をオンオフする2値強度変調方式では、40Gbps以上の光伝送を行なうと、信号劣化と雑音の影響で正確に信号が送れず、光の強度ではなく、光の位相(波)を用いる事で、信号劣化に強く、雑音の影響も受け難いというのが、デジタルコヒーレント方式。

共同研究では、100Gbpsで採用する4値位相変調に、16値の直交振幅変調を採用し、400Gbps級の超高速光伝送を実現させ、60チャンネルに高密度多重化し、光ファイバ1本で24T(テラ)bps級の世界最大容量を実現するという。
ラベル:NTT NEC 富士通
posted by 株の又次郎 at 05:16| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

シャープ 手袋でも反応する高感度タッチパネルを販売

シャープ<6753>は10日、従来に比べ大幅に感度を向上させたタッチパネルシステムを開発したと発表。販売されるサイズは、5、7、20、60型の4タイプ。

開発されたタッチパネルシステムは、従来比でS/N比(エスエヌヒ) 約8倍という高感度を実現。S/N比は信号とノイズの比、数値が高いほどノイズが少ない。

このシステムでは、これまで一般的なセンサーは逐次駆動方式ではなく、多数のセンサーを同時に検知・処理できるシャープ独自の並列駆動方式を採用。

高感度になったことで、ペン先が2mmほどのスタイラスペンでの入力、マルチタッチ操作、手袋でのタッチ操作なども可能。

5型は5点タッチ、7型〜60型は10点タッチまで対応。今月15日からサンプル出荷を開始、2013年3月から量産予定。
ラベル:シャープ
posted by 株の又次郎 at 05:21| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

日立製作所 福島原発用、遠隔操作ロボットを開発

日立製作所の子会社 日立エンジニアリング・アンド・サービスは7日、2本のアームを備え、遠隔操作できるロボットを開発したと発表。

ロボットは、建機のショベルのような2つのアームがあり、日立建機と約1年をかけ共同開発。重さ 2.5トン、高さ1.5m、幅 1m弱、6台のカメラを搭載し映像を観ながら遠隔操作。

ディーゼルエンジンで駆動し、時速2.6km。軽油 約20リットルで、15時間の連続使用が可能。アームは、高さ2.5mまで伸ばすことができ、アーム一つで最大150kgの重量まで持ち運べるという。

2本の腕でがれきを取り除き、作業の邪魔になる配管やケーブルも切断でき、東京電力に対し、福島第一原発の事故現場での活用を提案するという。
ラベル:日立製作所
posted by 株の又次郎 at 05:41| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

任天堂 Wii U、来年度には黒字へ

任天堂<7974>は、8日に発売される新型ゲーム機 Wii Uが、2013年度中にも黒字を達成する見通しを明らかに。

北米や欧州で11月に先行販売されたWii Uの売れ行きが好調。北米では、発売1週間で40万台を売上げ、品薄の状態に。国内でも、8日の発売を前に予約が順調という。

任天堂のテレビゲーム機で最大のヒットとなった Wiiは、初週で47万台を売上げ、それには及ばないまでも好調。ゲーム機本体とソフトのトータルでは、十分に収益化できるとしている。

Wii Uの特徴は、本体の他に、GamePadが付いていること。このGame Padには、加速度計、ジャイロスコープ、カメラ、マイクなど多機能。

テレビ画面を見ながら、Game Padの画面も観つつ操作したり、Game Padのみでゲームを楽しむこともでき、ビデオチャットなども利用できる。

初代のWiiとは、ゲームソフト、Wiiリモコン、ヌンチャクコントローラー、バランスボードと互換性があり、Wii Uでも使えるという。
ラベル:任天堂
posted by 株の又次郎 at 06:04| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

西友 新プライベートブランドの食料品 101点を販売

西友<8268>は5日、新プライベートブランド(PB)を開発、12月7日より全国371店舗で発売すると発表。12月末までに、101点を発売し、2013年には、400点まで拡充する予定。

新プライベートブランドは、『みなさまのお墨付き』。消費者調査から、味、価格、量などで高い評価を得た商品のみを販売するのが、コンセプト。

消費者調査は、20〜60代の一般消費者を対象に、試作品1つあたりに100人以上が試食。味、価格、量に対して、4段階で評価したもの。対象者の70%以上から、『非常に良い』、『良い』と評価されたものを商品化。

西友は、これまで、低価格なグレートバリューというPBを食料品を中心に展開。品質のよいものをもっと安く買いたいという声、各社PBが多様化していることを受け、新たなPBを開発したという。
ラベル:西友
posted by 株の又次郎 at 05:17| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

ホンダ 11月の中国自動車販売 29.2%減

ホンダ<7267>は4日、合弁企業を含めた11月の中国での新車販売台数が、前年同月比29.2%減 4万1205台となったと発表。

9月中旬に尖閣諸島問題による日中対立が高まり、ホンダの自動車販売台数は、9月で前年同月比 48.9%減、10月は53.5%減。11月は、マイナス幅が縮小し29.2%減。

1〜11月の累計販売台数は、前年同期比0.8%減 53万5313台と前年を下回った。中国では、東風汽車集団、広州汽車集団と提携し生産。
ラベル:ホンダ
posted by 株の又次郎 at 05:34| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

トヨタ自動車 11月の中国自動車販売 前年比22.1%減

トヨタ自動車<7203>は3日、11月の中国での販売台数は合弁会社を含み 約6万台にとどまり、前年比で22.1%減。1〜11月の販売台数は、前年同期比3.3%減 74万9600台。

尖閣諸島問題による日中の対立が高まった9月中旬以降、9月に約50%減、10月に44%減、そして、11月は22.1%減と販売減少ペースは鈍化しているものの、通常の販売スペースや目標を大幅に下回っているという。

トヨタ自動車は、今年の中国での販売目標を100万台に設定しており、目標達成には月平均 8万3000台を超える必要がある。

トヨタ自動車に限らず、日本車メーカーの中国での販売台数は、各社軒並み二桁の減少が続いてる。
ラベル:トヨタ自動車
posted by 株の又次郎 at 05:13| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

東北電力 電気料金値上げを検討

東北電力<9506>は30日、原発の長期停止などによる負担増から電気料金の値上げを表明。年明け後に申請を出し、来年4月以降の値上げを目指す。

東北電力は、原発停止の他、東日本大震災により被害を受けた石炭火力、新潟・福島豪雨による水力発電所の設備被害などで、火力燃料費が大幅に増加。

さらに、被災設備の復旧費用、緊急設置電源などの設備関連コストも発生するなど、東北電力の業績が急速に悪化。震災や豪雨によるコスト負担が累計で9000億円となり、自己資本比率は今年度末には11%程度に。

東北電力は、人件費の削減などで効率化を図り、現行料金の維持に努めてきたが、電力の安定供給に問題が生じるおそれがあるとして、値上げを判断せざるを得ないという。
ラベル:東北電力
posted by 株の又次郎 at 05:54| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

富士通 スマホでお肌をチェックする 肌メモリを開始

富士通<6702>は29日、スマートフォンのカメラで肌状態をチェックできるサービス 肌メモリの提供を開始。2年でユーザー数100万、売上高10億円超を目指す。

肌メモリは、スマホで撮影した肌の写真をクラウド上で分析し、肌状態を性格に測定するというサービス。

シミ、毛穴、色合いの3つを富士通研究所の画像解析技術で数値化、客観的にチェックできるのが特徴。

撮影する際は、基準色を円状に配置したカラーフレームを使い、それと一緒に撮影することで、太陽光、蛍光灯、LEDなど光源の違う環境でも正確に肌状況を測定できるという。

このサービスは、化粧品メーカー、美容関連のサービス業向けに提供。価格は、初期費用が50万円、月額利用料金は4万円からユーザー数に応じて従量課金。
ラベル:富士通
posted by 株の又次郎 at 05:23| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

シャープ IGZO液晶の32インチモニタを発売

シャープ<6753>は28日、高精細で低消費電力に優れたIGZO(イグゾー)液晶を採用した32V型液晶ディスプレイ PK-K321を発表。

IGZOは、インジウム、ガリウム、亜鉛、酸素から構成された化合物半導体。シャープは、IGZOを使用した液晶パネル用の薄膜トランジスタを開発、世界で初めて量産化に成功。

IGZO液晶の特徴は、高精細化、低消費電力、高性能タッチパネルなど。発売されるPK-K321は、これらの特徴のうち、高精細を実現したモデル。32インチで、3840x2160ピクセルという高精細。

IGZOは電子移動度(固体物質に流れる電子の速さ)が速く、従来のアモルファスシリコンに比べ、20〜50倍。これにより、薄膜トランジスタの超小型化、配線の超細線化が可能になり、フルHDの4倍の高精細が可能になったという。
ラベル:シャープ
posted by 株の又次郎 at 05:02| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

任天堂 新機種 Wii U、米国発売1週間で40万台突破

任天堂<7974>は26日、家庭用ゲーム機の新機種 Wii Uが、米国で発売1週間で40万台を突破したことが明らかに。

Wii Uは、大ヒットした据置型ゲーム機 Wiiの次世代機。特徴は、6.2型のタッチパネルに対応するタブレット型コントローラーが付属していること。

米国で11月18日にWii Uが発売され、多くの小売店で販売後数時間で完売。これは、10月では据え置型ゲーム機で最多販売機種だったXbox 27万台を1週間で大きく上回る。

Wii Uは、300ドルと350ドルの2機種。システム更新に必要なソフトのダウンロードに1時間以上かかるなどトラブルも明らかになっているが、それでも、消費者は購入を思いとどまってはいないという。

日本では12月8日に発売。価格は、32Gバイトのプレミアムセットが3万1500円、8Gバイトのベーシックは2万6500円。
ラベル:任天堂
posted by 株の又次郎 at 05:07| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

日立製作所など 300℃以下で溶ける低融点ガラスを開発

日立製作所<6501>と日立化成工業<4217>は26日、従来よりも低い 220〜300℃で融けるガラス素材を開発したと発表。

開発した低融点ガラスは、スマートフォンの部材などに使う接着剤。日立化成の環境適合 バナジウム系低融点ガラス Vaneetectを低温化したもの。Vaneetectは、350〜400℃。

金属、セラミックス、ガラス、樹脂への接着が可能。現在、接着に使われる鉛を含む金スズ半田に比べ環境負荷が低減でき、半田ではできないセミックに直接接着もできる。

高品質な電子デバイスは、300℃程度の真空加工が一般的であり、従来の半田よりも、気密性が高く、耐湿性にも優れている。

日立は、サンプル出荷を開始しており、2014年〜2015にはガラス素材全体で20億円の売上げを目指すという。
ラベル:日立
posted by 株の又次郎 at 05:48| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

関西電力 家庭向け電気料金、12%値上げで最終調整

関西電力<9503>は23日、家庭向け電気料金を平均12%前後値上げする方向で最終調整。認可されれば、来年4月から値上げを実施。

家庭向け電気料金の値上げには、政府の認可が必要となり、26日に申請。料金改定の理由となる人件費や燃料費などのコストが、妥当かどうかが判断される。

企業向けについても、平均19%前後の値上げで調整。企業向けは、認可が必要ないため、20%弱の値上げが行なわれるとみられている。

関西電力は、原発が占める割合が約5割ほどと高く、原発停止を補うための火力発電の燃料費が増加。2012年9月中間連結決算では、中間期で過去最悪の1167億円の赤字。

業績悪化が続いており、歯止めを掛けるため、値上げが不可避と判断。人件費の2割超削減を盛り込む事業計画も提示し、平成25年度の黒字転換を目指す。
ラベル:関西電力
posted by 株の又次郎 at 05:26| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

関西電力と九州電力 米国産石炭を共同調達

関西電力<9503>と九州電力<9508>は21日、火力発電用に米国産石炭を共同購入すると発表。両社とも、他電力との石炭共同購入は初。

購入契約したのは、米資源大手 オックスボウ・コール&ペトコーク社。期間は11月から1年間、計100万トンを輸入。4割が関西電力、6割が九州電力が購入し、需要に応じ相互融通できるという。

購入価格は非公表としながら、米国ではシェールガス開発により石炭需要が大幅に減少、関西電力側は有利な取引条件で結べたとしている。

両電力会社が使用する石炭は、大半がオーストラリア産。今回の共同購入により、全体の1割程度が米国産となり、既存の調達先に対しては価格面でけん制する効果も期待できるという。
posted by 株の又次郎 at 05:13| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

シャープ 希望退職者募集に2960人応募

シャープ<6753>は20日、2000人程度の希望退職者募集に約1.5倍の2960人が応募したと発表。希望退職者は、12月15日付で退職する。

当初2000人程度の希望退職者を募集し、1日から14日までとしていたが、応募者数が上回ったため、募集期間は9日に繰り上げて締め切ったという。

これに伴い発生する割増退職金 約253億円は、2012年4〜12月期の特別損失に計上。11月1日に発表した2013年3月期の通期業績予想には、織り込み済みとしている。
ラベル:シャープ
posted by 株の又次郎 at 05:32| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

キーコーヒー 銀座ルノアールと資本業務提携

コーヒー豆大手 キーコーヒー<2594>は19日、首都圏などに100店余りを展開する銀座ルノアール<9853>と資本業務提携すると発表。

銀座ルノアールは、都市型喫茶店として、喫茶店の直営店チェーンとしては業界大手。低価格のセルフサービス型コーヒーショップ NEW YORKER'S Cafe、中価格のフルサービス型 Cafe Miyamaなども展開。

ルノアールの発行済み株式の21.28%を間接保有する事で基本合意しており、キーコーヒーが筆頭株主に。

キーコーヒーは、老舗アマンド買収に続き、ルノアールも取り込むことで、店舗運営ノウハウの活用、共同仕入れ、店舗開発を視野に、外食事業の強化を図る。
ラベル:キーコーヒー
posted by 株の又次郎 at 05:13| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

JT エジプトの水たばこ会社を買収へ

日本たばこ産業(JT)<2914>は16日、エジプトの水たばこ製造販売大手 Nakhla (ナハラ)を買収すると発表。今年度内に、全株式を取得することで合意。

ナハラは、約1世にわたり水タバコ事業を営み、世界的にも大手の水たばこの製造・販売会社。水たばこの年間販売数量は、約2万4000トン。2011年の売上高は、約85億円。

母国エジプトのたばこ市場では、約20%を占め、中東や北アフリカを中心に85カ国で販売。ブランドとしては、El Nakhla、Classic、Mizoなどがある。

今回の買収は、JTの幅広いたばこ製品ニーズに的確に対応するという海外たばこ事業の基本戦略に沿ったもの。長期的には、エジプト紙巻たばこ市場への事業展開の足がかりになるという。
ラベル:JT
posted by 株の又次郎 at 05:53| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

スズキ フィリピンに二輪車新工場

スズキ<7269>のフィリピン子会社 スズキフィリピン社は、マニラ郊外のカーメルレイ工業団地に建設した二輪車新工場の開所式を行なったと発表。

フィリピンには、中国や東南アジア諸国連合地域から部品を輸入、組立てを行なう工場が6月に稼働し、内需向けに排気量110〜150ccの小型二輪車を生産。

拡張する余地がなかったため、新工場を建設し、生産を移管。生産能力は、旧工場の約2.4倍の約20万台まで引き上げる。

新工場では、フレーム、マフラー、タンクなどの主要部品の生産も行い、現在、3割程度の現地調達率を高める計画という。
ラベル:スズキ
posted by 株の又次郎 at 05:29| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

OKI 還流型ATMをロシアに納入

OKI<6703>は14日、入金紙幣を出金にも利用できる還流型ATMを、ロシアの大手民間銀行 アルファ銀行に納入すると発表。日本メーカーでは、ロシアの銀行への還流型ATM導入は初。

納入される複数通貨同時対応の紙幣還流型ATM ATM-Recycler G7は、128種類の紙幣を一台で扱えるATM。2010年に販売された世界戦略機種。

現地パートナー ユーロピウム社を通じて、今月より納入を開始。納入台数や金額については、非公表。

アルファ銀行は、自国通貨 ルーブルの他、基軸通貨のドルやユーロなども含め複数通貨の同時取扱を中心に、ATMネットワークの抜本的なリニューアルを計画。保有するATMは、2700台。

2012年6月から9月にかけ、ATM-Recycler G7数台の試行運用を行なった結果、アルファ銀行側は、高い稼働率による信頼性、設置しやすいサイズ・重量のデザインと設置場所に応じて変更できるカセット構成の柔軟さなどを高く評価。

OKIは、2015年までにロシアのATM市場で、40%のシェア獲得を目指す。
ラベル:OKI
posted by 株の又次郎 at 05:28| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。