まとめて検索:  

2013年02月26日

シャープ 業界最小クラスのCMOSカメラモジュール、来月サンプル出荷

シャープ<6753>は、モバイル機器向けのCMOSカメラモジュール RJ63AC300を開発、3月15日からサンプル出荷を開始する。

RJ63AC300は、業界最小サイズ 8.5x8.5x5.75mmのCMOSカメラモジュール。撮影素子は、1/3.06型。画素数は、1310万画素。裏面勝者型CMOS。

従来機種に比べ約35%小型化し、モバイル機器向けに光学手ブレ補正機能、フルHD動画記録にも対応。

オートフォーカスにも対応しており、F2.0のレンズで暗いシーン、動きのあるシーンでも、高画質な撮影が可能。

サンプル価格は、1万2000円。4月29日から量産を開始し、月産は20万個。
ラベル:シャープ
posted by 株の又次郎 at 05:27| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。