まとめて検索:  

2011年09月30日

三菱商,三菱重 インドネシアで低品位炭をガス化

三菱商事<8058>と三菱重工業<7011>は29日、低品位炭から代替天然ガスを合成するプロジェクトでインドネシア政府と協力すると発表。

プロジェクトは、スマトラ島に埋蔵する豊富な低品位炭をガス化、代替天然ガスを製造し、パイプラインを通してジャワ島へ輸送するというもの。

代替天然ガスを合成するプラントは、三菱重工が設計・製作。プラントは年間1000万トン規模、設計から製造、建設を含め受注金額は2000億円規模を想定。

低品位炭をガス化する際に大量発生する二酸化炭素は、回収・貯留。枯渇した油田に入れて固定化する。

提案された候補地から2ヶ所ほどに絞込み、2012年3月期までに事業可能性の調査を完了、2017年の商用運転を目指すという。

インドネシアでは、経済発展が進む一方、原油生産量が減少傾向、豊富に存在する水分が多く、エネルギー効率の低い低品位炭の活用が大きな課題に。

このプロジェクトによる温暖化ガス削減量は、京都議定書の日本の温暖化ガスの削減実績として適用されることも検討される見通しという。
posted by 株の又次郎 at 04:47| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

参天製薬 仏製薬会社 ノバガリファルマを買収へ

参天製薬<4536>は28日、眼科用医薬品の開発・販売を行う仏 ノバガリファルマ社を買収すると発表。発行済株式の約50.55%を取得し、公開買い付け(TOB)により発行済み全株式の取得を目指す。

ノバガリファルマは、ドライアイの眼科用医薬品の研究開発、一般用医薬品も販売する製薬会社。独自の陽イオン乳剤技術プラットフォームのノバソルブなど高い研究開発力と優れた製剤技術を有する。

参天製薬は、買収により獲得した製剤技術により、臨床効果の向上、競争力を高め、海外事業の強化が見込めると判断。

機関投資家ら株式保有者と譲渡契約を締結しており、50.55%の発行済み株式を取得。買い付け価格は、1株当たり6.15ユーロ(約645.75円)。95%以上まで株を買い進めた場合は、株式譲渡者、TOB応募者に1株あたり0.1ユーロ(約10.5円)を追加で支払う。

価格調整を行うことで、最後の5%の株を買い進めやすくするという。価格調整をした場合、最大で買収価格は10億1900万ユーロ(約107億円)に。買収資金は、手元資金を充てる予定という。
ラベル:参天製薬
posted by 株の又次郎 at 04:50| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

KDDI,京セラ 音声振動レシーバー搭載スマートフォン開発

KDDI<9433>と京セラ<6971>は共同で、音声振動レシーバーを搭載したスマートフォンの試作機を開発。10月4日から開催される『CEATEC JAPAN 2011』に参考出展される。

開発した試作機は、耳に接触させると、音を直接内耳に伝達できるという音声振動素子(仮称)を受話口に搭載。空気を介して音を伝えるものではないだけに、音穴は必要なく、防水・防塵性向上にも期待されている。

音声を伝える仕組みは、耳から伝わった振動が、内部で音に変換、直接鼓膜を振動させ音を伝えるというもの。音声振動素子は、0.6mm以下と薄く、携帯電話の小型化にも寄与するという。

似たような仕組みに、骨を振動させ音を伝える骨伝導があるが、今回開発されたものは、骨ではなく、耳に当てるだけで音が聞こえるという違いがある。

イヤフォンで音楽を聴いていても、騒音が激しく耳栓をしていても、そのままの状態で本体を耳に当てればクリアに音が聞こえるという画期的な技術。工事現場や工場内など、騒音がある状況での利用も見込んでいる。
ラベル:京セラ KDDI
posted by 株の又次郎 at 04:56| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

トヨタ自動車 新型軽自動車 ピクシス スペース発売

トヨタ自動車<7203>は26日、ダイハツ工業<7262>からのOEM供給第一弾、新型軽自動車 ピクシス スペースを発売。全国211社の販売店で取り扱う。

ピクシス スペースは、洗練されたスクエアなスタイル、毎日の使い勝手に配慮した機能・装備、優れた環境性能を追及。ベースは、ダイハツ ムーヴコンテ、価格は112万円から。

2490mmのロングホイールベースなどで、2000mmの室内長を実現。大人4人がくつろげる広い室内空間、十分なラゲージスペースを両立したという。

スクエアなフォルムのL・X、縦型2灯式のディスチャージヘッドランプ、落ち着いた室内空間のカスタムX・G・RSがあり、ボディーカラーは全8色。

2WD車のXとカスタムGでは、アイドリングストップシステム eco IDLEを搭載。10・15モード走行燃費 25.5kmの低燃費を実現。

ピクシス スペースは、トヨタとしては、初めて発売される軽乗用車。国内で堅調な軽自動車に需要に対応すべく、各社が力を入れており、明暗が分かれそうだ。
ラベル:トヨタ自動車
posted by 株の又次郎 at 04:51| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

三菱自動車 相互OEMを拡大、EVを日産に供給

三菱自動車<7211>は22日、日産自動車<7201>へ、軽商用電気自動車 EV ミニキャブ・ミーブをOEM(相手先ブランド)で供給する検討を開始。日産自動車からは、上級セダン フーガと商用バン NV200を供給する。

両社は、2010年12月に事業協力関係の拡大に合意しており、今年6月には、軽自動車事業に関する合弁会社 株式会社 NMKVを設立。

三菱は、平成17年にディアマンテの生産打ち切り以後、上級セダンはなく、日産よりOEM調達したフーガを自社ブランドで来年に発売、法人などの需要対応。NV200は、10月にデリカD:3として発売される。

これに対し、日産は、乗用車タイプのEV リーフに、配達業務などで需要が見込まれる三菱の軽商用EV ミニキャブ・ミーブを加え、商品ラインナップを強化。

年末に発売予定のミニキャブ・ミーブは、短距離利用を想定した配達業務向けの商用EV。補助金を利用すると、価格は170万円から。

EVで先行する両社が、EVまでOEM対象にしたことで、EVの部品共用などに発展するのではと見られている。
ラベル:三菱自動車 日産
posted by 株の又次郎 at 05:04| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

クレハ リチウム電池用接着剤、中国に新工場建設

クレハ<4023>は21日、リチウムイオン電池の製造に必要な接着剤 フッ化ビニリデン樹脂の新工場を中国・江蘇省(こうそしょう)に建設すると発表。

今年12月に、全額出資の製造子会社を設立。約60億円を投じて、新工場建設に来年夏に着工。2014年春に稼働し、年間生産能力は5000トン。

クレハは、1970年に日本で始めてフッ化ビニリデン樹脂の工場生産を開始。リチウムイオン電池用の接着剤としては、世界シェアで約7割のトップメーカー。

今年7月には、いわき事業所で年産能力を2700トンから4000トンに増強したばかりだが、アジア市場を中心に世界的に今後も需要が拡大すると見られ、増産に向け新工場を中国に建設。

中国を選んだ理由に、リチウム電池で重要な市場になると見られていること、そして、中国が原料の生産地でもあることがあげられている。

2010年度のフッ化ビニリデン樹脂の売上高は約60億円、2015年度は約160億円に引き上げるという。
ラベル:クレハ
posted by 株の又次郎 at 04:58| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

ダイハツ 燃費30km、新型軽自動車 ミラ イース発売

ダイハツ工業<7262>は20日、ガソリン1リットル当たり30kmと国内最高レベルの低燃費、新型軽自動車 ミラ イースを発売。

設計の工夫から既存車より車両重量を約60kg軽減、車高を10cm低くし空気抵抗を下げ、燃焼効率を高めたエンジン、停車直前からエンジンを自動停止するアイドリングストップ機能を搭載し、国内最高の低燃費を実現。

ミラ イースは、JC08モードで二輪駆動で燃費30km。JC08モードは、国内新燃費基準。現在の10・15モード燃費が実際の使用では数字に大きな差があることから、実際の走行パターンにより近い測定法。

ミラに比べ約40%も燃費向上、ガソリン車でありながら、トヨタのハイブリッド車 プリウスの32.6kmに迫る低燃費。価格は79万500〜112万円、全6グレードがエコカー減税の75%軽減レベルに適合している。

軽自動車は、高い燃費性能から景気低迷でも販売台数は堅調に推移していたが、低燃費のハイブリッド車が低価格化したことで伸び悩むところも。

今回のミラ イースは、ハイブリッド車や電気自動車ではない第3のエコカーとしてい普及を目指しており、ハイブリッド車並みの低燃費に加え、徹底した原価低減で価格も抑えており、手頃なエコカーとして人気を集めそうだ。
ラベル:ダイハツ
posted by 株の又次郎 at 05:11| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

大王製紙 複数子会社から借り入れ、会長引責辞任へ

大王製紙<3880>は、創業家出身の井川意高(いがわもとたか)会長が、連結子会社から個人名義で借り入れしていたことが発覚、16日付けで引責辞任したと発表。

問題となった個人名義の借り入れは、総額80億円超に上り、無担保と見られ、取締役会の議決も経ずに子会社が貸し付けたケースもあり、弁護士らによる特別調査委員会は、刑事告発も検討。

大王製紙によると、昨年4月から今年3月に、連結子会社7社から23億5000万円、今年4月から9月で約60億円を借り入れ、計83億5000万円は全て現金。

この問題は、今月7日の関連会社の総務担当からの内部通告から。全子会社を調査し、井川氏が事実を認め、16日に辞表を提出。井川前会長は、使途については明かしていない。

井川氏は、大王製紙株1%弱、関連会社株を多数保有しており、これに現金を加え、約30億円を返済。さらに、創業家出身の役員二人が、時価50億円超の株式を提供。

全額弁済されていることから、グループの損益には影響しないという。
ラベル:大王製紙
posted by 株の又次郎 at 05:02| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

三菱自動車 マレーシアのプロトンと協業拡大へ協議

三菱自動車<7211>は15日、マレーシア最大の自動車メーカー プロトンと協業拡大に向け、エンジンの共同生産、主要部品の共用化など協議に入ったことを発表。

マレーシアでエンジンを共同生産、プロトンで三菱自動車向け車両の生産、三菱自動車の電気自動車の技術供与の可能性などを検討。

来年3月にタイで量産する三菱自動車の小型の世界戦略者 グローバルスモールとプロトンの新型小型車の主要部品の共用化も協議。

プロトンは、マハティール元首相が提唱した大衆車の生産計画に基づき、1983年に設立、当時のマレーシア重工業公社、三菱自動車、三菱商事の合弁会社。

2004年に三菱重工業は、プロトン株を売却したことで、資本関係は解消されたが、2008年に再び新型車の開発・生産で提携。

現在、プロトンは、三菱自動車の車両をベースとする4ドアセダン インスピラをライセンス生産している。子会社に、1994年に買収したイギリスのロータスがある。

プロトンは、マレーシア国内では競争激化でシェアが伸び悩んでおり、両社は競争力強化を視野に、生産設備の有効活用を目指す。
ラベル:三菱自動車
posted by 株の又次郎 at 05:08| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

イトーヨーカ堂 自主ブランド野菜に放射能自主検査

セブン&アイ・ホールディングス<3382>の子会社 大手スーパーのイトーヨーカ堂は14日、生産者との直接取引きで販売する生鮮食品の自主ブランドに対して、放射性物質の自主検査を行うと発表。

対象は、『顔が見える野菜。』と『顔が見える果物』の産地が、東京都、宮城県、福島県など東日本の1都10県。

商品の出荷前にサンプル検査を行い、従来の残留農薬の検査に加え、放射性物質向けに3つの自主検査・調査などを行い、消費者へ安全安心をアピールする。

全生産者に対しては、肥料、堆肥、わら、もみなど栽培に使われる栽培資材の入手元や原材料の聞き取り調査、対象エリアの生産者の田畑には、土壌の放射性物質に関する検査。

イトーヨーカ堂では、すでに一部エリアでは検査を開始、15日からは対象エリアの1都10県が産地の『顔が見える野菜。』と『顔が見える果物』でサンプル検査を実施。

行政の検査を経た野菜に対しても、自主ブランドに関しては、自社で責任を持つ対応が必要と考えから、放射能自主検査を行うという。
posted by 株の又次郎 at 04:58| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

シャープ インドネシアでの11年度売上高、27%増

シャープ<6753>は13日、2011年度のインドネシア事業の売上高が前期比27.3%増 7兆インドネシアルピア(約585億円)となる見通しを明らかに。

インドネシアでは、所得水準の向上によりテレビや白物家電の普及が進むと見られ、今後5年は売上げベースで年率20%ほどの成長を見込んでいるという。

シャープの新興国市場の売上高で、インドネシア事業が約25%。売上高の比率では、液晶とブラウン管テレビがそれぞれ20%、代物家電が55%ほど。

インドネシアの家電市場では、韓国メーカーのシェアが拡大しているものの、日本ブランドへの人気は根強く、日系メーカーではシャープがトップシェア。

現在、シャープは300ほどのサービス拠点があり、今後、さらに拡充。現地の生活環境に適した商品を現地生産し、順次投入するという。
ラベル:シャープ
posted by 株の又次郎 at 05:17| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

東芝 世界初の音声認識機能付きエアコンを発売

東芝<6502>のグループ企業で白物家電の製造・販売を行う東芝ホームアプライアンスは12日、世界初の音声認識機能付きエアコン 大清快 ボイス NDRシリーズを11月上旬に発売。

音声認識機能は、付属のマイク内蔵の卓上型ボイスコントローラで音声を認識、赤外線通信で室内機を操作。拍手を3回、またはリモコンのボタンを押すことで音声機能が起動。

『寒い』や『暑い』などの音声を認識し、設定温度を調節。『節電』と呼びかければ、自動的に節電運転に切り替わる。計26種類の指示を音声で行うことができ、世界初の機能。

このボイスコントローラは、エアコンの操作だけではなく、東芝の液晶テレビ REGZAシリーズ、ワイヤレスリモコン機能付きLED照明器具のオン・オフにも利用できる。

音声認識機能の他、新型デュアルコンプレッサーを搭載し、省エネ性能を強化。シリンダーの扁平化により漏れ損失を低減、吸い込み口を一本化することで吸い込みロスも低減、さらに吸込配管を短くするなど、コンプレッサー単体の効率を2〜3%向上。

業界最小となる扇風機並みの消費電力で冷房する涼風運転、業界最短の1分ほどで温風を出す ダッシュ暖房などの機能もある。市場想定価格は、21〜33万円前後と見られ、月2万台の生産を目指す。
ラベル:東芝
posted by 株の又次郎 at 05:11| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

新日本製鉄 釜石の港湾設備、一部復旧

新日本製鉄<5401>は9日、東日本大震災で大きな影響を受けた釜石製鉄所の港湾設備の一部が復旧、来春までに設備の完全復旧を目指す。

稼働を再開したのは、製鉄所内の発電所で使う石炭の荷揚げ設備、石炭を発電設備まで輸送するパイプコンベア設備。

震災後は、荷揚げ設備に大型船が着岸できず、約1800mのコンベアは、津波で800mが流されていた。

そのため、発電用の石炭は、公共港湾設備で陸揚げし、トラックを往復によるピストン輸送。今回の復旧により、大量の石炭を効率よく運べる輸送体制に整った。

釜石製鉄所では、電力の卸売事業を行っており、発電所の最大出力は岩手県の約4割の世帯をまかなえる13万6000kW。設備の一部復旧により、冬場の安定した電力供給が可能になるという。
ラベル:新日本製鉄
posted by 株の又次郎 at 05:06| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

楽天 ロシア最大手DC事業社に出資

楽天<4755>は8日、ロシアのEC(電子商取引)サイト OZON.ru(オゾン)が実施した第三者割当増資を引き受け、出資したと発表。出資額は公表していないが、少数株主としての出資にとどめたと見られている。

オゾン社は、ロシア最大のECサイトを運営するインターネット・サービス企業。設立は1998年、2010年の年間売上高約105億円、会員数は520万人。

書籍、DVD、ソフトウェア、音楽ソフト、電化製品など150万商材を超える幅広い品揃え。この他、旅行予約サイト オゾントラベル、ECサイト向け配達サービス O-Courierなども展開。

インターネットの普及により、ロシアのインターネット通販市場は年率二ケタ以上伸び、急速に拡大。市場規模は、2010年に約5000億円。

楽天は、日本を含め9カ国・地域でEC事業を展開。オゾン社へ出資することで、成長するロシアEC市場の取り込みを狙う。
ラベル:楽天
posted by 株の又次郎 at 05:05| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

関西電力 電力需給制御システムの試験開始

関西電力<9503>は、堺太陽光発電所が連系する石津川変電所構内に、蓄電池を設置し、電力需給制御システムの研究を開始すると発表。

設置される蓄電池は、川崎重工製のニッケル水素電池。スタック数48台、定格電圧576V、定格容量177Ah、出力250kW、エネルギー容量約100kWh。

供給中の電力系統に電池を接続、蓄電池の充放電を利用した本格的な需給制御システムの研究を実施。国内では初。

蓄電池の残量や温度などの状態を管理しつつ、電気系統の周波数を一定に保つ蓄電池制御手法を開発、蓄電池を活用した際の性能や寿命を評価し、蓄電池の有効性などを確認。太陽光の規模に見合う蓄電池容量の評価も検討。

活用するデータは、今月7日から営業運転を開始した国内最大の太陽光発電所 堺太陽光発電所の出力データ。堺発電所は、シャープ製の太陽電池 約7万4000枚を設置。

太陽光発電は、日射量の変化により発電量が変動、これまでの電気系統では接続できるケースが限られていた。

変動する発電量に蓄電池を活用し、電力供給を安定させるシステムを研究、再生可能エネルギー開発に取り組む。
ラベル:関西電力
posted by 株の又次郎 at 04:55| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

日本たばこ産業 たばこの放射性物質検査

日本たばこ産業(JT)<2914>は6日、2011年産の国内葉たばこの放射性物質検査を実施、JTが設定する暫定基準値を超えるものは検出されなかったと発表。

放射性物質による葉たばこの汚染は、国の規制がないため、JTが放射性セシウムについては1kgあたり500ベクレル、放射性ヨウ素は2000ベクレルと野菜と同じ基準値を採用。

検査は、基準値を超える放射性物質が検出され、野菜などが出荷制限や自粛となった茨城、栃木、千葉、静岡の4県35地点、そして、隣接する愛知や新潟県で実地。福島県では、原発事故の影響から栽培を休止。

検査対象となったのは、葉たばこの黄色種。昨年、JTが購入した葉たばこの全数量の7割ほどを占める。残るバーレー種と在来種については、9月中旬以降に検査する予定。

検査は、JTが品質管理強化のため、独自に実施。葉たばこの買い入れ前から製品の出荷までで計4回、安全性確保のため検査を行う。
posted by 株の又次郎 at 05:13| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

スクエア・エニックス ドラクエ10、2012年中に発売

スクエア・エニックス・ホールディングス<9684>は5日、人気ソフト ドラゴンクエストシリーズの最新作 『ドラゴンクエスト10 目覚めし5つの種族 オンライン』を任天堂ゲーム機 Wii向けに2012年中に発売すると発表。

ドラクエ10は、Wii用オンラインロールプレイイングゲーム。Wii U向けも発売され、グラフィックスはより美しい映像で楽しめるという。ニンテンドー3DSにキャラクターをコピーし持ち出せば、すれ違い通信も楽しめる。

インターネット回線を利用し、村人や仲間として、他のプレイヤーが参加。一緒にプレーもでき、戦闘を周りで観戦し応援することでテンションを高めることもあるという。

シナリオを分厚いものを用意し、長く遊べる要素として、発売後も、新しい職業やクエストを追加、季節の様々なイベントも実施。

人と一緒に遊ぶこともできるが、コンピューターともパーティーを組めるため、一人でも十分楽しめるという。

自分で素材から防具を作るシステムがあり、デザインも細かく作りこむことができ、家を建てることもできる。

オンラインゲームの特徴として、どうしてもシナリオが薄くなりがちだが、そうはならないとスクエア・エニックス側は語る。

ビジュアル、ゲーム開発全般をスクエア・エニックス社内で行い、シリーズとしては初の社内開発。近日中に、ベータテストを実施予定。
posted by 株の又次郎 at 05:20| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

パナソニック スマートフォンやSNSに写真を転送、Wi-Fi対応デジタルカメラ

パナソニック<6752>は1日、無線通信 Wi-Fiに対応したコンパクトデジタルカメラ LUMIX DMC-FX90を9月22日より発売する発表。市場想定価格は3万5000円前後、月産1万5000台。

撮影した写真や動画は、Wi-Fiにより簡単にシェアでき、無料の専用アプリを通じてスマートフォンへ、ネットワーク接続したDIGAへも転送できる。

パナソニックの写真共有サービス PicMate、フェイスブック、ミクシィ、YouTubeに写真や動画をアップロードすることもできる。

転送するデータは、複数選択が可能、同時に複数サイトへ写真を転送することもできる。設定により、リサイズして転送することも可能。

有効画素数は1210万画素、撮像素子は1/2.33型ハイスピードCCDを搭載。液晶モニターは3型、内臓メモリが約70MBあり、記録メディアはSD、SDHC、SDXCカードに対応。

光学5倍ズームに対応、超解像技術を利用するiAズームでは、6.5倍相当まで画質劣化を抑えてズーム。

フルHD動画はAVCHD方式で記録、動画撮影はMotion JPEG(最大1280x720ドット)にも対応。

Wi-Fiに対応したことで、スマートフォンを活用して、ブログなどへも画像をアップでき、SNSへは本体から直接可能。普及するスマートフォン、SNSサービスに対応し、利便性を高めている点に特徴がある。
ラベル:パナソニック
posted by 株の又次郎 at 05:04| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

ソニー・東芝・日立 中小型液晶パネル事業を統合

ソニー<6758>、東芝<6502>、日立製作所<6501>、の大手電機3社は31日、中小型液晶パネル事業を統合、2012年春にも新会社を設立することで基本合意。

新会社 ジャパンディスプレイは、産業革新機構が2000億円の第三者割り当て増資を引き受け、全体の7割を出資しており、残る1割ずつを3社が出資。

産業革新機構は、産業活力の再生、産業活動の革新に関する特別措置法により設立された官民出資の投資ファンド。

中小型液晶は、スマートフォンやタブレット端末向けとして需要が拡大しているものの、技術革新が早く開発負担が重く、韓国や台湾勢との競争も激しい。

国際的な競争が激化する中、業界首位のシャープは独自路線、ソニー・東芝・日立の3社は資本と技術を集中し対応。

3社の世界シェアは合計で20%を超え、これは14%で首位のシャープを抜く。大型では不利と見られる日本メーカーも、中小型では期待できるという声もあり、3社の事業統合の意味は大きい。
posted by 株の又次郎 at 04:58| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。