まとめて検索:  

2013年03月22日

ソフトバンク ダブルLTEの提供開始

ソフトバンク<9984>は21日、SoftBank 4G LTE対応機種で利用できる ダブルLTEを3月21日より提供開始すると発表。

ダブルLTEは、ソフトバンクモバイルが2.1GHz帯で展開するFDD−LTE、買収したイー・アクセスの1.7GHz帯のFDD-LTEのネットワークを利用するサービス。

混雑状況に応じ、自動的に最適なネットワークを選択し、より安定した快適な通信が可能という。対応端末は、iPhone5、iPadmini、iPadの3機種。

都内の一部地域からサービスを開始し、全国へ順次拡大。2014年3月末には、対応する基地局が3.8万局になるという。
ラベル:ソフトバンク
posted by 株の又次郎 at 05:20| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

キリンHD キリン協和フーズ株を三菱商事に譲渡

キリンホールディングス<2503>は18日、子会社 キリン協和フーズの全株式を三菱商事<8058>に305億円で譲渡すると発表。

キリン協和フーズは、天然調味料、醸造調味料、パン資材などを中心に調味料や食品素材事業などを展開。加工食品メーカー、製パンメーカー、外食産業への販売を行い、家庭用商品も手掛ける。

三菱商事は、食品化学分野で事業展開しており、中核は食品・調味料素材事業。キリン協和フーズを獲得することで食品化学分野を強化。

キリン協和フーズは、協働することで、より多彩な事業展開が可能となり、さらなる発展が見込めるという。
ラベル:キリンHD
posted by 株の又次郎 at 05:39| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

イオン ダイエーの筆頭株主へ

流通最大手 イオン<8267>が、丸紅が保有するダイエー株を買い取り、筆頭株主となる方向で交渉を進めていることが明らかに。

ダイエーの出資比率は、丸紅が約29%で筆頭株主、次いで、イオンが約20%。丸紅から10%程度の売却を提示していると見られている。

ただ、全株譲渡には否定的とみられ、条件面で折り合いがつかなければ、交渉が長期化する可能性もある。

イオンは、4月1日付でJ・フロントリテイリング傘下の食品スーパー ピーコックストアを買収するなど食品スーパー部門を強化している。

イオンによるダイエーの子会社化が実現すれば、売上高6兆円を超える巨大流通グループになる。
ラベル:イオン
posted by 株の又次郎 at 05:40| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

ヤマハ発動機 電動アシスト自転車用システムキットを欧州自転車メーカーへ供給

ヤマハ発動機<7272>は、電動アシスト自転車用システムキットを欧州自動車メーカー2社へ供給を開始したと発表。

電動アシスト自転車用システムキットは、ドライブユニット・バッテリー・ディスプレイ・充電器で構成され、必要に応じ、プラスチック製カバーなどのデザイン部品を供給。

供給先は、オランダのアクセルグループ傘下でドイツの自転車メーカー WINORA (ヴィノラ)、デンマークのH.F.クリスチャンセンの子会社 CycleVision (サイクルビジョン)の2社。

ヴィノラは、ドイツ市場へ、サイクルビジョンは、フランス、オランダ、ベルギーの各市場へ販売。これで、ジャイアント・エレクトリック・ビークルと合わせ、3社に。

欧州では、電動アシスト自転車はE-BIKEと言われ、2012年に推定で85万台、世界でも有数の電動アシスト自転車市場。特に、ドイツ、オランダが、欧州市場全体の半数以上を占めているという。
ラベル:ヤマハ発動機
posted by 株の又次郎 at 05:36| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

NEC バックアップストレージ iStorage HSシリーズの新製品を発売

NEC<6701>は13日、システム障害や自然災害などからデータを守る大規模記憶装置 iStorage HSシリーズに新たに2モデルを日本と米国で販売、順次、アジア、欧州へ展開すると発表。

iStorage HSシリーズは、柔軟な拡張性、高いデータ圧縮性、高い信頼性がある、基幹システムやビッグデータ活用などのデータの高速格納・長期保管を求めるシステムに最適なバックアップストレージ。

新製品は、書き込み処理性能を従来比で最大2倍、容量を最大5倍、膨大なバックアップデータの高速格納を実現したモデル。

スケールアウトモデル 『iStorage HS8-40』は、1ノードの最小構成から最大60ノードまで柔軟な拡張構成が可能。シングルノードモデル 『iStorage HS3-40』では、1ノード構成で導入コストが抑えられるという。
posted by 株の又次郎 at 06:02| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

東海ゴム ブラジルの自動車用ゴム部品メーカーを買収

東海ゴム工業<5191>は11日、ブラジルの自動車用ゴム部品メーカー Produflex MGを買収すると発表。

Produflex MGは、ブラジルを中心に自動車用防振ゴム事業を展開、現地の欧州自動車メーカーへの販路もある。

買収前に、東海ゴムグループが、南米で市場調査を行う現地子会社 TRIブラジルを設立。その後、TRIブラジルが、Produflex MGを買収するため、東海ゴムの間接子会社(孫会社)となる。

東海ゴムは、Produflex MGを傘下に置くことで、日系自動車メーカーの現地生産拠点へ安定した製品納入を実現でき、南米で高い市場シェアがある欧州自動車メーカーへの参入も可能という。
ラベル:東海ゴム
posted by 株の又次郎 at 05:45| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

日立製作所 今夏、除染ロボットを福島原発に投入も

日立製作所<6501>の子会社 日立GEニュークリア・エナジーは8日、遠隔除染ロボット Arounder アラウンダーを公開、東京電力福島第1原発の除染作業に使用される。

アラウンダーは、資源・エネルギー庁のプロジェクトの一環として開発されたロボット。高さ1m、2本の走行用ベルトで動き、長いケーブルで遠隔操作しながら、除染を行う。

ロボットのアームには、一般的な水道の数百倍の水圧で水を噴射、建屋の床・壁に付着する放射性物質を取り除き、アームの先端から吸い取り回収。

高圧水は、離れた場所にあるポンプから送られ、回収した汚染水はタンクに入れられ隔離される仕組み。

今夏、福島第一原発の1号機と3号機の除染作業に使用される予定で、東京電力と調整しているとう。
ラベル:日立製作所
posted by 株の又次郎 at 05:53| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

ヤマハ発動機 大型トランサムステップ採用、サロンクルーザー発売

ヤマハ発動機<7272>は7日、従来比1.6倍の面積を持つ大型トランサムステップ採用のEXULT 36 Sport Saloon-Xをラインナップに追加、4月1日より発売すると発表。

EXULT(イグザルト)シリーズは、美しいエクステリアデザイン、質感の高いインテリア、走行性や機能性を最高レベルで追及、2009年から発売されるプレミアムボート。

EXULT 36 Sport Saloon-Xは、さらに、ゲートマストのカラー塗装、油圧昇降式大型トランサムステップを採用。トランサムステップは、水中に入る際に使用する台のこと。電動油圧リフターを使い、容易に水中に入れるようになっている。

3年の国内販売計画数は、シリーズで10隻。価格は、艇体・エンジン+沿海セット価格で、メーカー希望小売価格例 約7749万円。
ラベル:ヤマハ発動機
posted by 株の又次郎 at 05:38| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

味の素 米バイオ企業を買収

味の素<2802>は6日、米国のバイオ医薬品会社 アルテア・テクノロジーズの全株式を約1億7500万ドル(約160億円)で取得すると発表。

アルテア・テクノロジーズは、カリフォルニア州にあり、バイオ医薬品の開発・製造受託を手掛ける企業。

味の素のアミノ酸技術とアルテア社の技術を融合し、バイオ医療分野を強化する。

アルテアの経営資源を活用し、今後、成長が見込めるバイオ先端医薬分野で、2020年までに300億円超の売上を目指す。
ラベル:味の素
posted by 株の又次郎 at 05:56| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

ブリヂストン イタリア工場を閉鎖

ブリヂストン<5108>は5日、欧州のグループ会社が持つイタリアの乗用車用タイヤ工場を2014年6月までに操業を停止すると発表。

閉鎖されるのは、イタリア南部のバリ工場。1962年に稼働し、汎用品タイヤ専用工場として、ラジアルタイヤを生産。生産数は、最大日産2万1000本。

現在、従業員は約950人。今後、欧州統括会社が、雇用について、現地の労働組合と協議する。

欧州景気の低迷から販売減が続き、自動車メーカーやタイヤメーカーは、欧州での生産や販売を縮小、撤退の動きも相次ぐ。

ブリヂストンでは、汎用品タイヤの価格が下落し、物流費や光熱費が高く、最近は稼働率を7割程度に下げており、高付加価値品への転換が難しく、閉鎖に踏み切ったという。
ラベル:ブリヂストン
posted by 株の又次郎 at 04:36| 株の変わり目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。